むくみ(浮腫)におすすめ薬膳・薬膳茶

国立市の整体スピロソフィアの光田です。

最近、むくみが気になるというクライアント様が多くいらっしゃるので、それに対処する薬膳と薬膳茶をご紹介します。

□ 薬膳茶 □
はとむぎ&ウーロン茶
ウーロン茶2g
はとむぎ0.5g
熱湯250ml

はとむぎを一度乾煎りしてから急須に分量を入れ熱湯を注ぎます。

はとむぎとウーロン茶はどちらも利尿作用が高く、はとむぎは生薬としてはヨクイニンと呼ばれ、水分代謝のアップ、むくみをとります。
体内の余分な熱をとるので、吹き出物や肌荒れ、イボ、シミなどに肌のトラブル、呼吸器系の感染症にも効果的です。また、リウマチや神経痛などの症状がある人にもおすすめ。
ウーロン茶は脂肪を燃焼させたり、消化力をアップさせたり、むくみや肥満の予防にもおすすめ。
両方とも、熱をとる作用があるので、温めてお飲みください。
冷え性の方は飲み過ぎに注意してくださいね。

□ 薬膳 □
緑豆とあずきの粥
緑豆1/2カップ
あずき1/2カップ
水3カップ

緑豆は1時間ほど水につけたら、緑豆とあずきを1回茹でこぼします。
分量の水でことこと炊き、好みの柔らかさになったら火を止めて少し蒸らします。
お塩で好みの味にしてください。

緑豆は解毒作用があり体の余分な熱を取ります。発熱や口内炎、目の充血、吹き出物、腫れ物などに効果があるといわれています。
あずきは食物繊維が豊富で、肌荒れや便秘、むくみにおすすめ。

緑豆もあずきも熱をとる作用があるので、冷え性の方は生姜などを入れて体を冷やさない工夫をされると◎

お時間があるときなど、ゆったりとした気分でお楽しみください。

関連記事

  1. 40代からのビタミンCとカロテノイドとアルツハイマー

  2. ビタミンCについて②

  3. 実は免疫力を高めるD

  4. 「春の嵐」ストレスに負けない入浴法

  5. ビタミンCについて①

PAGE TOP